20140414

清志郎さん

チラッと見たFacebook。
田中今子さんのシェアの記事で
清志郎さんのコトバがならんでた。
長い記事だったけど、一気に読んだ。
清志郎さんの音楽はお世辞にもたくさん
知ってる訳でないけど、昔から
大好き。
あの時沖縄にいた母親から
「(あんたが好きな)清志郎さんが亡くなったよ。」
ってテレビ見て、ワタシに連絡してきた。

清志郎さんの何を知ってる訳じゃないけど
石川直樹さんのように、絶対的に信じられる
コトバ、ヒトだと直感。

この記事を読んであらためて思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■忌野清志郎
もしもCDが売れて大スターになったなら、
恋の歌だけじゃなくて「戦争はいけない事だ、
戦争はやめよう」と歌ってみてもいいと思う。
それで人気が無くなるわけじゃないだろう?
ヒット曲にはならないだろうし、CMの
タイアップもとれないかも知れないが、
大スターになれたんだから少々の影響力はあるのさ。
みんなビートルズが大好きだったんだろ?
おいしいとこだけ取って、でっち上げの
ラブ・ソングじゃちょっと情けない。
金なんかもう充分あるじゃないか。
それとも大スターでいるためには政治家とつ
るんだりする事があるのかい?
(ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/第91回/2005年)

■忌野清志郎
地震の後には戦争がやってくる
軍隊を持ちたい政治家がTVでデカいことを言い始めてる
国民をバカにして戦争にかり立てる
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ
阪神大震災から五年、オレは大阪の水浸しになった
部屋で目覚めるとTVをつけた
五ヶ所ほどから火の気がのぼっていた
これはすぐ消えると思ってまた眠った
六時間後に目覚めると、神戸の街は火の海と化していた
この国は何をやってるんだ?
復興資金は大手ゼネコンに流れ
神戸の土建屋は自己破産を申請する
これが日本だ
ワタシの国だ
とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄です
と言って、返り咲いた政治家がいる
政治家はみんな、防衛庁が大好きらしい
人を助けるとか 世界を平和にするとか言って
実は軍隊を動かして世界を征服したい
俺はまるで共産党員みたいだな
普通にロックをやってきただけなんだけど… そうだよ、
売れない音楽をずっとやってきたんだ
何を学ぼうと思ったわけじゃない
好きな音楽をやっているだけだ
それを何かに利用しようなんて思わない
せこい奴らとはちがう 民衆をだまして、
利用して何になりたいんだ?
予算はどーなってるんだ
予算をどう使うかっていうのはいったい誰がきめてるんだ?
10万円のために人を殺す奴もいれば
10兆円とか100兆円とかを動かしている奴もいるんだ
いったいこの国は何なんだ?
俺が生まれて育ったこの国のことだ
君が生まれて育ったこの国のことだよ。

■忌野清志郎
銃を持ったら撃ちたくなる。
刀を持ったら斬りたくなる。
軍隊を持ったら戦いたくなる。
核を持ったら核爆弾を作りたくなる。
そして平和憲法を忘れてしまう。
「永久に戦争を放棄する。人間は平等である。
世界の平和のために国として貢献する」。
日本の憲法第9条はまるでジョン・レノンと同じ
ことをうたっているのです。
政治家のみなさん、アメリカに言ってください。
「もう戦争はやめましょう。人を殺したり傷つける
ために武器を作るのは、もうやめましょう。
そんな何千億円単位のお金があるのなら、
平和のために使いましょう。人類は進歩すべきです。
今でも世界では戦争が行われていて人々が死んでいます。
アメリカさん、僕達と手をつないでいっしょに戦争が
なくなるように努力しましょう」、と日本の総理大臣や
外務省はアメリカをはじめ世界中に発信するべきだ。
だって僕達はいつまでも自分の国を信じられないで
いるんですよ。
(ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/第33回/2002年)

■忌野清志郎
昔戦争にかり出された兵隊さんはこんなもんじゃ
なかっただろう。 死ぬまで命令されて、
こき使われたんだからな。
偉い奴らはうまい物食って、女と遊んでたくせに、
多くの人々は明日も信じれず死んでいった。
生き残った僕たちは二度と戦争をしてはいけない。
(ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/2005年2月5日号)

 ■忌野清志郎
なにがいまさら反戦だ、みたいな
声も聞かれますがですねぇ、気にせずやってます。
 まぁー単純にこのー、牛乳飲みたいなぁーみたいな。
 昔みたいにね、何も考えずにね、飲みたいなーと。
払った税金、一体なんに使ってるのかなーあいつらは、
みたいな。 素朴なんで、そんな危険な、なんですか!?
発電所ですか!? 原子力…そういったもの作るんだったら
返してもらってですねぇ、好きな車でも買った方が
俺は全然嬉しいなーみたいな。
たとえ人非人、売国奴と言われてもですね…かまいません。
(TVK『Live TOMATO』収録/1988年5月)  

■忌野清志郎
日本の国民は、だんだん、 じわじわ何も考えないように
させられてるんじゃないでしょうか?
(フジテレビ『僕らの音楽 対談集4』
鳥越俊太郎/2005年2月28日収録/
ソニー・マガジンズ/2005年8月発行)

■忌野清志郎
ジョンが歌っていたよな。
「国なんかないと想像してごらん。
むずかしい事じゃないさ。
今日のために行きている人々よ、想像してごらんよ。」
 つまり、それは国連の考え方なんだ。
国はそれぞれの地方都市だ。 それがひとつになって、
この世界全体、地球という星があるんだ、という考え方だ。

■忌野清志郎
国って何だよ?  国が無くなったら、
生きていけないのかい?  国って何ですか? 
国が無くても生きていけるんじゃないの? 
本当はどーでもEことなんじゃないの? 
国が無くなっても自由に生きられるよ。
国なんていう考え方に縛られているのは人間だけだ。
(ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/2003年5月24日号)

■忌野清志郎
どーだろう…この国の憲法第9条はまるで
ジョンレノンの考え方みたいじゃないか?
 戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって
言ってるんだぜ 俺達はジョンレノンみたいじゃないか  
戦争はやめよう 平和に生きよう
 そしてみんな平等に暮らそう
きっと幸せになれるよ。
(瀕死の双六問屋/没原稿そのニ)

■忌野清志郎
この国の憲法を見直す必然性がどこにあるのでしょう?
イマジンのように簡単でわかりやすいこの考え方を
世界中の人々にもっと知らしめるべきではないでしょうか。
広島や長崎を忘れないように。 
人類の歴史上はじめて原子爆弾がこの国に落ちたという事を
忘れないでください。
「永久に戦争を放棄する。
人間は平等である。
世界の平和のために国として貢献する」。
日本の憲法第9条はまるでジョン・レノンの
イマジンと同じことをうたっているのです。
(ぼくの自転車のうしろに乗りなよ/TVBros/第33回
/2002年8月31日号)

■忌野清志郎
社会的なメッセージを歌っているのは僕にとっては
ごくふつうのことなんですよね。
いろいろなことを偏らずに歌わないと。
妙なラヴソングばかりだと変じゃないですか、
いい大人が(笑)。
世間のこととか政治的なこととか、
ふつうに歌っていけばいいんですよ。
(週刊プレイボーイ/2004年5月24日号)

■忌野清志郎
全国で売れるためにはもっと腐った音楽じゃないとダメなのさ。
(瀕死の双六問屋/第一回/TV Bros/1998年11月21日号)

■忌野清志郎
経済が破綻した状態が長く続くと、
どうしても国というのは戦争をやりたがるもんでね。
戦争はさぞかしうまく行けば儲かるのかなと
思うんですけれど。 世界的にも殺伐とした時代に
なってきている気がするんですけども、
世間的にも、そういったことが影響してか、
陰惨な嫌な事件が大変増えているんですが、
2004年はなんとか、それ(殺伐とした時代)を打破して。
こうー、もっとみんなが愛しあってね。
んー、こうあったかい気持ちで、暮らせるように、
なればいいなと思います。
(新春放談 忌野清志郎さんを迎えて/SSTV『FUZZ』/2004年1月)

■忌野清志郎
Oh Yeahー! 
そういえば今日は参議院選挙の日だベイベー。
行かないよな、あんなのな。
だいたいあの、小泉政権になってから、
自民党の人気がぶり返してきて、
甚だ腹立たしい今日この頃です。
だいたいあの小泉という男はねぇ、
いい加減なやつです、あいつは。
音楽的センスがまったくありません。
X JAPANが好きってなにそれ!? なにそれ!?(場内爆笑) 
そんな奴にこの国を任せておいていいのか!? 
ふざけんな。 だいたい靖国神社に行くくらいだったら、
フジロック観に来いっつーんだよ。
(フジロック・フェ ス/2001年7月30日)

■忌野清志郎
世の中が悪くなっているのに、
みんな社会や政治のこととか関心ないでしょ。
僕もあんまりないんですが(笑)、でも昔と比べたら、
今の若者は家畜みたいになってる。
家畜のように飼いならされているのに、
それが自由な社会だと思い違いをしている。
(ダ・カーポ/1999年11月3日号)

■忌野清志郎
本当に10年後とかに戦争が起こったら、
オレの息子なんて年齢的にもたまったもんじゃないわけよ。
今の若いヤツらだって同じだと思うよ。
思想的なことは含まれちゃいないよ。
右寄りでも左寄りでも、そんなことはどっちでもいい。
(週刊プレイボーイ/1999年10月19日号)

■忌野清志郎
オイ、誰かよー、マリファナ持ってねーか? 
放射能浴びてなぁ、死にたくねぇぜ。 
麻薬中毒で死にてぇなー。
オレはそう思うなー。
(広島平和コンサート/1988年8月6日)

■忌野清志郎
仮想敵国が無く、日米安保が実質機能しないと、
日本も軍隊を持って出て行かないと、
世界的に認められないんだみたいな感じの考え方が、
ちょっと出て来てるんじゃないですか?
その辺が甚だ心配です 。
(季刊プリンツ21/2001年5月刊)

■忌野清志郎
僕は戦争が大好き。
 アメリカの言うことは何でもきくぜ。
戦争 すべて正しい。
戦争 バカの集まり。
うかれてんじゃねえぞ。
内閣総理大臣ちゃん 金持ちのバカ息子。
かわいい顔した人殺し。
ライオンハート。
お前が死ねよ。
いやー、まあそう言うなよ
(Tシャツ原画/2004年)

■忌野清志郎
アメリカ人なんかには理解できないだろ。
九条を削除していくのは、なんかつまんないよね。
俺なんかが言っても説得力はないかもしれないけど、
やっぱり『右寄りの政治家』にはモノ申したい。
安倍晋三とかあのへんの輩ですよ。
たいして俺と歳も変わらないのにね。
(FLASH/2005年11月29日号)

■忌野清志郎
アイドルくんになりたがる子供は多いらしいが、
よっぽど何か自信があるんだろうか? 
だってアイドルって顔がよくなくちゃダメなんだろ? 
どんな顔の人だって輝くときはとてもいい顔だ。
どんな美形だってつまらない人間では、
それほど美しくもないぜ。
(瀕死の双六問屋/十三話/1999年)

■忌野清志郎
今はほら、どいつもこいつもロックとか言ってさ、
髪の毛ブッ立ててさ、“この街から出て行こう!”とかさ、
言ってるわけじゃんよ、未だにさ。
恥ずかしいよな、あいつら。
そんな奴ばっかだからさ、ここでやっぱり政治的なことを
うたったりすんのはですね、カッコいいと思いましたね、
僕は。 僕はほんと、戦争はいけないと思います。
ほんとに悪いと思います。 で、やっぱり、
昔の反戦歌ブームとかあったけどさ、
途中で萎えて消えてっちゃったじゃん。
でも全然、戦争とかはなくなってないわけでさ、
その辺がだから、やっぱり昔の奴らは軟弱だったんだなと
思いますよ、僕なんか。 やっぱり。
いくら言ってもわかんない奴らですから、
大衆というのはね。 ま、歌としてしか聴かないような、
コミック・ソングみたいにとっちゃう奴も多いんじゃ
ないでしょうかね。 まあコンセプトだからね、
反戦であろうと反核であろうとね。
例えば原子力発電所が1個ぐらい爆発してですね、
みんな汚染されたとしてもですね、 何て言うかな、
首脳部って言うの、偉い奴だけそれからまぬがれてさ、
庶民だけって言うか…自分がほら、放射能とか浴びて
歯茎からどぼどぼ血が出てさ、手がぶよ~っとか
こんなんなってさ、死んでくってヤじゃん、やっぱり。
それが言いたかったんですけどね。

君はLOVE ME TENDERをきいたか?/RC サクセション】
(フルコーラス・バージョン)

君はLOVEMETENDERをきいたかい 
僕が日本語で歌ってる奴さ
あの歌は反原発の歌だって 
みんな言うけど 違う違う
それは違うよ 
あれは反核の歌じゃないか よくきいておくれよ 
核は要らないって歌ったんだ
それとも原子力発電と核兵器は 
おんなじ物なのかい
発電所では 核兵器も作ることができるのかな
まさかまさか 
そんなひどいことしてるわけじゃないよね
灰色のベールのその中で 
またそんなコトしてるのかな
君は「LOVE ME TENDER」をきいたかい 
僕のうたれた替え歌さ
あんなに小さな声で歌ったのに 
みんなに聞こえちゃったみたい
誤解誤解しないで 
彼女へのLOVESONGなのに
反原発ロックなんて 
そんな音楽があるとは知らなかった
ただのロックじゃないか 
なんか変だな レコード会社も、
新聞もテレビも雑誌もFMも 
馬鹿みたい 何を騒いでたの


 伊藤 継豊さん facebookより

20140312

3.11 手紙と認知症と車でカラオケ

手紙が好き。
書くことも読むことも好き。
もちろん手書きで。
できれば筆で。
つまり時間がかかる。時間をかける。
ワタシにとってそれは「贅沢な時間」。

そもそも文章を考えるのに、
すごく時間がかかって、まとめる力もなく
ダラダラ書いてしまうし、
紙を作るようになってからは、
そこから始めてしまうので、ますます
時間がかかる。
今はその時間がかけられず、送りたい手紙が
いくつか滞ってる。

16日のイベントに向けて紙漉をしながら
3.11 返事の内容を考えた。
作業も一段落して、ふと思った。
母方のおばあちゃんは10年くらい認知症で
もう、ワタシはもちろん自分の一人娘である
母のこともわからない。
今日からしばらく会えなくなる
お母さんとお父さんのことを考えてたら、
お母さんはどんな気持ちでおばあちゃんのことを
受け止めてるんかな・・・
ワタシにもその日が来るかも知れない。
認知症はいろいろと大変な思いもあるけど、
お別れする準備だとも聞いたことがある。

ワタシは両親に大事に育ててもらった、今も
大事にされてると思う。
(ハタから見てどうかはわからんけど・・)
両親をすごく尊敬してるし、特に母親が
元気でそんなに悩んでなさそうに(辛そうに)
見えないことが、今のワタシをこんな風に
動けるようにしてくれてる一番の原因だ。
数少なくい大事な友達や尊敬する人人も
同じように元気でいてくれなあかんけど。

これからワタシを待ち受けている
「お別れ」の時を、ワタシはどうやって
受け止めるんだろう、受け止められる人間に
なってるやろか?

3.11 紙漉場の隣の部屋にある
仏様にそんなふうに聞いてみた。


お宮さんにはりっぱなりっぱな木が
6,7本立っている。美しい、頼もしい。
このおじいちゃんかな、どんな風に生きてきたんやろ?

そんな木ともしばしお別れして一路、神戸へ。
ドライブ中に限らず、常に
音楽やらポッドキャスト、特定のラジオ番組とか
を鳴らしている。
特に運転時間が長くなったので、車での
「音」を聞く時間は大事な時間。
通勤電車で本読むのと同じ感じかな。

最近は真面目に英会話を聞いていたけど、
今日は何だか歌いたくって(カラオケいきたい・・)
3.11 車で大音量で好きなだけメチャンコ歌った。

+おまけ
神戸について、ワイン吞みながら
ひさしぶりにテレビつけると、ちょうどやっていた
「Life is Beautiful」をみて
3.11 笑って泣いた。