20140701

借りた本と車中泊

今日のお宿は滋賀県・黒丸PA。
明日から岐阜・美濃で5日間の紙漉研修がはじまる。
大阪を突っ切り、京都も突き抜けた
都会の夜、ハイウェイ、トラックオンパレード。
但馬の山奥から出てきた身にとっては、
全然実感のない空間。

こんなワタシでも20代の頃は夜な夜な
吹田に通ったり、夜の大阪京都に出かけたり、
ちょっぴり都会ッ子だったな。
そんな懐かしいころも思い出す。

旅立つ前に図書館へ寄り道。
図書館で借りた本を見れば、やっぱり今の
自分の頭の中がわかる気がする。

「竹を撮る」
「竹垣のデザイン」
「日本の窓」
「茶席の籠」
「兵庫県の秘境」(養父)

この辺りは半年〜1年くらい借り続けてる。
今日新しく仲間入りしたホン。

「不思議の国のNEO」
「地域通貨」
「ソーシャルデザイン50の方法」
「よくわかる機械工学」
「古代・中世の超技術38」

<貨幣>じゃない<価値>でどうやって
暮らしを社会をまわしていくのかに、今
勉強中。本当に自分に必要な「お金」が
いったいいくらなのか、お金じゃなく
置き換えられるモノは何なのか。
見極めたいな。
そことはダイレクトには繋がらないけど、
電気やガソリンなどのない時代に、
どうやって「大きな力」を、正確なモノヅクリを
していたのか気になりだした。
単純に、水車の活用について知りたかった。
紙で糸を作った時、糸巻きするのに足踏みミシンを
使ったけど、前前からこの「踏んで廻る」仕組みを
他の作業にも連動できないかと企んでいて、
思いついてるのは「精米」とか・・・

小さい力を大きな力に変える仕組みは何だろう、
と思い、昔の知恵を拝借したい。
紙漉も山のことも、竹ひごも、昔の知恵技を
使える女になりたいな。

20140610

好きな人がふえた

 前から気になってたけど、
昨日の晩に気がついた。
湯浅誠さん、いい。
ラジオフォーラムでパーソナリティとして
話しを聞いていて、なんかいいな、と思ってた。

昨日の夜中過ぎ、久しぶりに姜 尚中さんの
ラジオ番組・ゲスト湯浅さんを聞いて、きた!
やっぱりすごい。
貧困の問題と、地域おこしはつながってる。
どちらかというと、姜さんと湯浅さんが話してる
この番組自体がツボかも。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/vol.12-gesuto-she-hui-huo/id570606738?i=166443193&mt=2

あ、でもでももちろん湯浅さん自体すごい尊敬。
石川さんとリンクする、自分の中で。
なんてこの話オモシロいんやろ。

スゴイ。
もう、ボキャブラリー少なくて
表現力なくてこまる。

ワタシの家系もあって「貧困・差別」には
敏感に反応するけど、湯浅さんのことばが
こんなに響くのは今の仕事にダイレクトに
つながってくるからだ。

石川さんと湯浅さんのことを
同じテンションで話せる仲間がほしい。

ひとつ悲しいのは「かんさんじゅん」さんの
漢字を知りたくて検索したら、
画像検索で二つ目画像に顔写真の下に
「日本が嫌いです」と書かれた画像が出て、
<覚えよう反日活動家>と出てきた。


ちょっとGoogleさん、こういうの
あまり上位に出ないよう配慮してほしい。
ヘイトスピーチなどでよくこういう
中傷が多い。
戦争がしたい人の気がしれん。

自分が人を殺したり、テロ(無差別殺人)を
しない!とは断言はできない。
(ゼッタイにあってはならないけど。
 だからこそ自分で意識してる。)
でも「戦争したい」と言うのは本当にない。
どんなに転がってもない。

殺人もテロも戦争もどれもイヤだ。
だけど「戦争」って特別に格別に違う。


ま、それはおいといて。
湯浅さんの話を直接聞いてみたい。